合う靴とは

2018年3月28日(水)

 

以前このスタッフブログで巻き爪の原因で『窮屈な靴を履く』と書きました。

それは間違いないのですが、中には、合っていると思って履いていた実は悪い靴で、徐々に足首や爪を悪くしていってるケースがいます。

 

それではどんな靴が一番合うんでしょうか??

このブログでも何回か靴に関することを書いてあります。

 

靴を選ぶにあたって考えなければいけないのは、靴の主な役割である『足の保護』と『足の機能向上』です。

 

そこで『足の機能向上』について靴をみるポイントとして3つあります。

・足先にゆとりがあること(外反母趾・内反小趾の予防)

・甲周り・踵周りが合っている(圧迫されず、かつ、しっかり押さえられてる)

・指の付け根がしっかり曲がりやすい(スムーズに歩きやすくするため)


クッション性のある靴もありますが、クッション性で反発性が高いほど、足が疲れやすく怪我もしやすくなるのです。

クッション性のある靴を買うのであれば、それよりもインソールをいれることをお勧めします。