必須ミネラル

旭接骨院☆スタッフ
4月5日(火)
ミネラルは体の骨や歯などを作るために必要で筋肉や神経の情報伝達の役割やタンパク質と協力してビタミンやホルモンを作る役割があります。ミネラルは不足してしまうと貧血、骨粗しょう症、免疫機能の低下などを引き起こしてしまいます。
基準摂取量が定められているミネラル 主要ミネラル 硫黄(S) 骨・軟骨・皮膚・髪の毛・爪などを作る
塩素(Cl) 胃液中の胃酸に塩酸として含まれている
ナトリウム(Na) 血液・体液の浸透圧を調整する
カリウム(K) 血圧の上昇を抑制し、利尿作用がある
マグネシウム(Mg) 骨や歯を強くし、酵素の働きを助ける
カルシウム(Ca) 骨・歯を作り、エネルギー代謝を行う
リン(P) カルシウムと共に骨・歯の成分であり、代謝を助ける
微量ミネラル 鉄(Fe) 赤血球のヘモグロビンに多く含まれている
亜鉛(Zn) 生殖機能を高め、ホルモン合成を活性化させる
銅(Cu) ヘモグロビン生成を助け、骨格に多く含まれる
マンガン(Mn) 骨や関節を作り、丈夫にする役割がある
ヨウ素(I) 甲状腺ホルモンを構成し、代謝を高める
セレン(Se) 抗酸化力が高く、老化を防ぐ働きがある
モリブデン(Mo) 肝臓や腎臓において、老廃物を分解する
クロム(Cr) 糖の代謝を高め、糖尿病に効果がある
フッ素(F) 虫歯予防や歯・骨を強くする働きがある

 
ということで瑩接骨院では水道水から天然のミネラルウォーターを
作り出すことが出来るサーバーを設置しております。
皆様に健康になってもらいたくて秊
 
 
 

 

 

 

前の記事

インソール

次の記事

2年目