4月2日(土)

こんにちは。
旭接骨院スタッフです\(^o^)/
「座っている」という姿勢の時には腰にかなりの負担がかかっていると言われています。特に腰に負担がかかってしまう座り方は「あぐら」です。
「あぐら」は腰椎椎間板に圧力が最もかかる座り方。椎間板に圧力がかかっているということは、腰まわり、骨盤まわりの筋肉や靭帯にも負担はかかっているので、短時間ならまだしも長時間のあぐらは痛みを引き起こしやすいのです。
腰に負担がかかりにくい座り方は正座ですが、膝を痛めていたり、正座が苦手な方も多いはず…
そこであぐらでも腰に負担を軽減させる座り方ですが、お尻の下に座布団やクッションを入れてお尻の位置を高くすることで腰の負担を軽くすることが出来るのです!日常生活の中から体に負担がかかりにくい姿勢を保つことも大切です\(^o^)/

次の記事

インソール