超音波画像観察装置(エコー)

shinryoukiki_08.jpg
エコー検査とは、身体の表面から人の耳には聞こえない超音波を当て、体内の組織にぶつかってはね返ってきたエコー(こだま)を画像に映し出す検査になります。

痛みはなく、放射線の問題もなく、繰り返し行うことができる検査です。
当院では、身体の外面だけでなく、身体の内面の原因も追究し治療を行うことができる医療機関の為、症状の原因追究に関しては徹底して行わせて頂いております。体の内面を確認しながら治療を行うため、早期回復の一助となり、ご自分の症状がどのようなものか確認できるため、安心して治療を受けることができます。
超短波治療器は他の治療機器(岩盤浴・ゲルマニウム浴・赤外線・極超短波治療器等)よりも短時間で深部までしっかりと温まり、更に効果も長持ち致します。パット状の物をお腹にあてるだけなので、着替えの必要がございません。