超短波治療…冷え症や代謝機能の改善、内臓機能の調整

shinryoukiki_07.jpg

超短波治療機器による腰部の交感神経節への照射は、自律神経の緊張を和らげ、血管拡張作用をもたらします。これにより代謝機能の改善や内臓機能の調整などの他、肩こり・腰痛等の慢性的な症状の改善にも非常に効果を示します。

現代の冷え性は、従来型の手足が冷たいという症状だけでなく、手足のほてり・浮腫(むくみ)・クーラー病による肩こり、腰痛、関節痛、セルライト等様々な症状の原因となっております。当院では超短波治療器を照射し、同時に足下も温めこのような症状のお悩みを解消いたします。

前の記事

超音波治療