真皮間質液測定装置(amica)

shinryoukiki_09.jpg
真皮の間質液を、弱電流で測定します
皮膚にパルス(短時間の電圧)をかけると、水分の多い真皮層の中で、電気が集まるように移動します。amica はこの特性を用いて、真皮層の状態を測定します。
(一般的には、矩形波応答と呼ばれる物性試験です。)
真皮の状態を正確に測定するため、表皮の影響を少なくするように工夫された、専用の電極を用いています。

次の記事

足圧測定