冷え症対策

11月も半ばになり、今年も残りひと月半。
この時期としてはまだ暖かく感じられますが、これから冬に向けて寒さが増してきます。
皆様、寒さ対策はお考えでしょうか?
体温が一度低下すると、基礎代謝の低下・免疫力の低下・自律神経の乱れ・内臓機能の低下など体への悪影響が及びます。
体温が下がらないよう、体を温めていかなければなりません。
体を温める方法はいくつかありますが、今日は食材に注目します。
食材には季節ごとの食材があり、夏の食べ物は体を冷やし、冬の食べ物は体を温める性質があります。
現代日本では季節など関係なく色々な食材を手にすることができますが、体を温めたいときは、ぜひ冬の食べ物を選んでください。
根菜・発酵食品・香辛料なども体を温めてくれるのでおすすめです。
さらに当院に来ていただければ冷え対策はばっちりです!
それは新しくメニューに加わったYOSA。
YOSAでは水素とハーブの蒸気によって体を内側からしっかりと温めることができます。
これからの寒い冬、その心地よい温かさを体験してみませんか?

前の記事

活性酸素に水素

次の記事

新メェニー