さくら・介護ステーション浜松中央

2015年6月13日(土)
さくら介護の伊藤です(^-^)/
さくらの訪問介護を始めて丸10年経ちました。
平成17年3月開業ですので、
今年で11年目になります。
訪問介護はヘルパーの資格がないと仕事ができません。
以前はヘルパー二級の講座か、
現在では初任者研修の講座を受けて修了証をいただき、
初めて介護の現場に立てるのです。
テキストで勉強したことがそのまま活かせるかというと、
なかなかそうもいかず試行錯誤の連続です。
利用者様には様々なご事情があり、
またヘルパーができることも限られて、
その中で仕事をしていくのは難しいと
感じる事もあります。
でも目の前の利用者様やご家族の安堵した表情などをみると
これでよかったと、
続けてきてよかったと思える瞬間に出会えますね。
そんな小さな幸せを感じる仕事ができて
嬉しく思います。
テキストでは教えてもらえないことを
現場からヘルパーは学び取り
利用者様に接する姿は頼もしく、
その対応の素晴らしさには頭が下がります。
いろいろな経験から多くを学び取った
さくらのヘルパーを私は誇りに思います。(^-^)/

前の記事

熱中症

次の記事

バランス調整Ⅱ