no-title

足の裏に芯がある「デキモノ」がありませんか? 歩くたびに違和感や痛みがあるなら、魚の目かもしれません。
魚の目って何魚の目とは直径5~10mm程度の範囲で皮膚の角質が厚くなり、その中心には硬い芯があります。そのため、歩いたりすると芯が皮膚の奥に食い込み、神経を圧迫して痛みや違和感を感じることが特徴です。「小石を踏んだような痛み…」とよく一般的には「足の裏」や「足の指」など足にできやすく、男性よりも女性の方が魚の目になりやすい傾向があるようです。
では、魚の目ができる原因は何でしょうか。なぜ、女性が魚の目になりやすいのでしょうか?
魚の目ができる原因とは?
魚の目ができる大きな原因の1つは、足に合わない靴や高いヒールを履くことです。
その理由は、同じところに継続的に摩擦や圧迫があると、皮膚の防御反応が働いて角質が厚くなってしまうからです。強い圧力から足を守るために、角質が分厚くなるわけです。
特に、ハイヒールは前足に強い圧力をかけるので、毎日のように履いていると角質が硬くなり、魚の目ができやすくなります。
サンダルなどの薄いソールで道路を歩いたり、歩き方にゆがみがある場合も魚の目ができる原因になります。長時間におよぶ圧迫や衝撃は要注意なんですね。
また、間接的な原因には足の冷え(冷え性)があります。というのも、冷え性で足が冷たいと血行不良になりやすく、皮膚が硬くなって古い角質がたまりやすいからです。
冷え性で肌の新陳代謝が滞ることも、魚の目ができる原因になるわけです。女性が魚の目になりやすいのは、これらが原因だったわけです。
魚の目とタコとの違いは?
足の裏には「タコ」も出来たりしますよね。魚の目と間違える方も多いようですが、どのような違いがあるのでしょうか?
基本的に魚の目もタコもできる原因は同じですが、タコには魚の目にあるような中心の芯がありません。皮膚表面が硬くなっただけなので、特に痛みもないのが魚の目との違いです。
順番としては、まず角質が厚くなってタコができて、さらに強い圧力がかかり続けると角質層の下に芯ができ、魚の目になってしまうわけです。
ですから、タコができた段階で対策するのがいいでしょう。魚の目ができると歩くとき痛いですからね。魚の目にならないように、普段履いている靴や歩き方を見直しましょう。
まずは当院で無料カウンセリングを

足の裏に芯がある「デキモノ」がありませんか? 歩くたびに違和感や痛みがあるなら、魚の目かもしれません。

魚の目って何魚の目とは直径5~10mm程度の範囲で皮膚の角質が厚くなり、その中心には硬い芯があります。そのため、歩いたりすると芯が皮膚の奥に食い込み、神経を圧迫して痛みや違和感を感じることが特徴です。「小石を踏んだような痛み…」とよく一般的には「足の裏」や「足の指」など足にできやすく、男性よりも女性の方が魚の目になりやすい傾向があるようです。

では、魚の目ができる原因は何でしょうか。なぜ、女性が魚の目になりやすいのでしょうか?

魚の目ができる原因とは?

魚の目ができる大きな原因の1つは、足に合わない靴や高いヒールを履くことです。

その理由は、同じところに継続的に摩擦や圧迫があると、皮膚の防御反応が働いて角質が厚くなってしまうからです。強い圧力から足を守るために、角質が分厚くなるわけです。

特に、ハイヒールは前足に強い圧力をかけるので、毎日のように履いていると角質が硬くなり、魚の目ができやすくなります。

womens-shoes2.jpg

サンダルなどの薄いソールで道路を歩いたり、歩き方にゆがみがある場合も魚の目ができる原因になります。長時間におよぶ圧迫や衝撃は要注意なんですね。

また、間接的な原因には足の冷え(冷え性)があります。というのも、冷え性で足が冷たいと血行不良になりやすく、皮膚が硬くなって古い角質がたまりやすいからです。

冷え性で肌の新陳代謝が滞ることも、魚の目ができる原因になるわけです。女性が魚の目になりやすいのは、これらが原因だったわけです。

魚の目とタコとの違いは?

足の裏には「タコ」も出来たりしますよね。魚の目と間違える方も多いようですが、どのような違いがあるのでしょうか?

基本的に魚の目もタコもできる原因は同じですが、タコには魚の目にあるような中心の芯がありません。皮膚表面が硬くなっただけなので、特に痛みもないのが魚の目との違いです。

順番としては、まず角質が厚くなってタコができて、さらに強い圧力がかかり続けると角質層の下に芯ができ、魚の目になってしまうわけです。

ですから、タコができた段階で対策するのがいいでしょう。魚の目ができると歩くとき痛いですからね。魚の目にならないように、普段履いている靴や歩き方を見直しましょう。

まずは当院で無料カウンセリングを


前の記事

頑張ろう