デジタルミラー…効果的なリハビリ運動

shinryosyokai_03.jpg

shinryosyokai_04.jpg

お手本映像と自身の動きをリアルタイムに比較しながらトレーニング。利用者が画面上で、お手本映像とミラーに映った自分の動きをリアルタイムに比較できるため、より正確にトレーニングができます。
メニューは、「ストレッチ」、「筋力」、「上肢可動域」、「バランス」を搭載。利用者の状態に応じて、立位・座位でのメニューが選択できます。測定結果や撮影した画像データ、使用履歴などを、個人別に記録・管理し、測定結果のグラフ表示や、リハビリ前後の画像データ比較ができます。

前の記事

診療機器紹介

次の記事

ボディチェッカー