仕事の流儀

2015年1月26日(月)
代表の伊藤です。
新社屋建設に伴って様々な
業者さんとお会いすることが
増えております。
昨日は新社屋に掲げる絵画の
ことで山梨県在住の絵画の先生
のところまで行って来ました。
その先生は既成の作品を売る
のではなく依頼があったら
クライアントと会って話をし
作品が飾られる場所まで赴き
其処の空気や場のエネルギーを
感じ取りクライアントの
考え方や想いを付加して
クライアントになりきって
作品を制作するのです。
要するにオーダーメイドの
絵を描いてくださるのです。
往々にしてベテランになれば
なるほど自分の考えを押し売り
しがちですが常に相手の事
を第一に考える姿勢には
感動しました。
ある格言を思い出しました。
「相手のことを第一に考えて仕事を
していれば必ず生き残れる」
確かに相手のことを第一に考えれば
勉強も努力も惜しまないし
心遣い、気遣いも自然に出来るはず。
私も選ばれる仕事をしていきたいと
改めて考えることができました。

次の記事

2015年1月27(火)