親心と子心

2015年1月12日(月)
代表の伊藤です。
我が家の次男が成人式出席
のため東京から帰ってきました。
誕生の時には元気でいてくれさえ
すればそれで充分と思っていたのが
「這えば立て立てば歩めの親心」
そして
いつかは一緒に酒を飲みたい。
と 夢をみて息子の成長を楽しみに
初めての乾杯に昔のおもい出が
蘇って勝手に感動していた私。
「子を持って知る親の恩」
自分の両親への何とも言い
表せない感謝と謝罪の想いや
息子達にはたくましく生きて
もらいたいという
想いを込めた故河島英五さん
の「野風増」の歌詞を思い出します。
「親孝行したい時には親は無し」
子供達に掛けた分の愛情を親に
返すには既に他界している親に
はせめて朝夕仏壇に手を合わせ
るくらいしかできず。
実は子供と親は一緒に成長
しているのだと考えます。
「子は親の鏡」
子供に自分の欠点を見出したり
します(^ ^)
命を授けてくれた両親と
夢と希望と勇気を与え続けてくれる子供達に心から感謝します。
「本当にありがとう。」

前の記事

ギックリ腰?

次の記事

2015年1月13日(火)