影なる努力

image/lotus-2014-12-08T19:02:32-1.JPG
2014年12月8日(月)
代表の伊藤です。
先日ある本に『タマネギおばさん
こと黒柳徹子さん』の事が
書かれていました。
彼女がレギュラー出演している
『世界不思議発見』では
1週間前に次の収録テーマを
出演者全員に伝えるそうです。
黒柳さんはテーマを伝えられると
図書館で資料を探したり
事務所のスタッフに頼んで書店で
関連の本を探してもらい
平均して毎週5、6冊の本を
読んでいるそうです。
黒柳徹子さんは『徹子の部屋』の
収録をはじめ、舞台やユニセフ活動
などでとても忙しい毎日を
送っています。
しかし、どんなに忙しくても
その事前勉強は欠かしたことが
ないそうです。
結果、驚異の正解率。
もはや当たり前のこととして
勉強を続けられているのです。
面倒なことでも習慣に
してしまえば案外当たり前に
できてしまうものです。
「忙しい』とは他人が思う事で
黒柳さんは自分自信「忙しい」
とは感じてはいないでしょう。
「本当に忙しい人」は
それが当たり前になっているので
「忙しい」とは言わないはずです。
時間の使い方、いわゆる
時間管理能力が優れているの
だと思います。
以前ある居酒屋チェーンの
会長さんの話で「120%の
努力を1年続けるとそれが
当たり前になり更に
120%の努力を続けると
5年後には2倍の力
になる」と。
クイズ番組の出演をきっかけに
自ら調べ、自らの糧にしていく。
その好奇心、向学心、真摯さ、
時間管理能力には尊敬します。
世の中で活躍されている人は
他人の目には触れないところで
さまざまな努力をして物事に
取り組まれているものです。

次の記事

no-title