天竜浜名湖鉄道

image/lotus-2014-11-27T01:20:28-1.jpg
2014年11月26日(水)
「天竜浜名湖鉄道」は掛川~新所原 を結ぶ鉄道です。
浜名湖畔を走り、天竜川を超え、森を抜けて走ります。
国鉄時代の古くて味わいのある駅舎も数多く残っています。
春は、沿線のいたるところに桜が咲きます。
夏は、浜名湖がキラキラ輝いて見えます。
秋は黄金色の田園風景の中を走ります。
冬には三ヶ日の山々はみかんのオレンジ色で一杯になります。
のどかな風景が広がり、のんびりと時間が過ぎていきます。
私は障がいのある方の支援の際に時々乗車します。
電車が大好きな方達の乗車のお手伝いです。
先日の日曜日にも天浜線に乗って来ました。
リュックを背負った年配の方や小さなお子さんを連れた家族連れでとても賑やかでした。
元気なお年寄りが多いですね。
懐かしい風景を眺めながら、日常の慌ただしい時間を忘れます。
こんな近くで旅行気分が楽しめます。
次回は私も仕事を離れて、のんびりと「天浜線の旅」を楽しみたいと思っています。

前の記事

2014年11月25日

次の記事

酉の市