いつものことをいつも通りに続ける

2014年11月8日(土)
さくら介護の伊藤です(^-^)/
アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏が
亡くなってから丸3年が経ちました。
ジョブズ氏が開発したiPodは
今や世界で3億台以上売れ
アップルの業績を飛躍的に伸長させた
革新的な製品です。
でもこの革新的製品は、
全米を全世界を揺るがした同時多発テロから
わずか一ヶ月後に登場していたそうです。
混乱の真っ只中に新製品を発表するのは非常識だと、
誰もが考えていました。
しかし、ジョブズ氏は予定通りに発表しました。
実は同時多発テロを受けた時、
ジョブズ氏は社員にメールを送っていました。
「今日は家族と一緒にいたいと思う人は、
そうして構わない。なお、会社に来て働きたい
という人のためにオフィスは空けておく。」
全米が混乱している間もiPodの開発は進んでいました。
iPodの製品発表会の時、ジョブズ氏は言いました。
「今は大変な時期だ。
しかし人生は続く。
続けなきゃいけないんだ。」
大変な時に急に特別のことをしようとしても、
うまくはいかないものです。
慌てずにいつものことを
やり続けていくのが肝心なわけです。
冷静沈着に、
何事にも動じない強い心を
持ちたいものです。
そして大変な時にこそ、
いつものことをいつも通りに
続けることが大切なのですね(^-^)/