銀杏

2014年 9 月 25日(木)
晩秋になるとお寺や神社の境内、公園などでは黄色く紅葉したイチョウの木があり、そこに
サクランボ位の銀杏があります。
正解にいうと イチョウの実の種 ということになります。
名前の由来は、銀杏・ぎんあん が訛って ぎんなん に。
銀杏の木に雄、雌があり実は、雌の木に実がなります。
雄株と雌株の区別は、葉の形でできるという説が…
食べるとおいしい銀杏ですが、
あそこまでにするのは、大変です。実をたくさん拾っ ていく人達 あばあちゃん、おじいちゃんがやはり多いですね
。大変ですが おいしいですもんね。 自分もやろうとは、まだ思いませんが…感謝していただこうと思います。

前の記事

からくり時計

次の記事

ついに