十五夜

2014年9月8日(月)
伊藤です。
旧暦の8月15日を『十五夜』『中秋の名月』といいます。これは〝秋の真ん中に出る満月“の意味で旧暦では1月~3月を春、4月~6月を夏、7月~9月を秋、10月~12月を冬としていたことから、8月は秋の真ん中であり、8月15日の夜に出る満月ということでそう呼ばれるようになりました。
この祭りは中国から伝わり奈良時代にはすでに始まっていたと言われています。
月を神聖なる神とあがめ、秋の収穫物を供えて五穀豊穣を祝い感謝する。
先人たちの宇宙や大自然に生かされて『居る』ことに感謝したり、深い安らぎを感じたりする感性に触れる日でもある。
夏目漱石が英語教師をしていた時、
『I love you』を『我君を愛す』と訳した生徒に『日本人はそんな事は言わない。“月が綺麗ですね“とでもしておきなさい。』と言ったとか言わなかったとか。
日本人らしい浪漫を感じます。

前の記事

秋の七草