時は金なり

2014年8月25日(月)
伊藤です。
8月ももう終盤です。
歳のせいでしょうか時間の過ぎるのが早く感じられるようになりました。
以前、ある会社の会長さんがこんなお話しをされました『時間はその人の年齢の速度で過ぎ去っていくもの』と。
要するに20歳の方は時速20kmで80歳の方は時速80kmで1年が過ぎると。
確かに毎年毎年早く感じられます(笑)
『時は金なり』と言います。『時=金』という意味ではないようです。
『時間はお金のようなもの』という意味です。
時間はお金と同じように『限られた資源』であり、何と言っても『管理が必要』だということです。
時間は『過ごす』ものではありません。『投資する』ものです。
弊社もお陰様で今月で11期を迎えることができました。
『時間という限りある資源』を大切に大切に使っていきたいと考えます。
『一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日です。一日を一生のごとく真剣に生き、一生を一日のごとく気楽に生きたい。』
1秒前の自分をライバルに、いつ何時目の前にライバルが出現しても焦ることの無いよう充実し、歩み続ける会社を、自分を作っていきます。