ギックリ腰

2014年8月18日(月)
伊藤です。
お盆休みも終わり夏の疲れが出始める頃です。
最近連日ギックリ腰の患者様が来院されます。
欧米では『魔女の一撃』と例えられるほど強烈な痛みを伴い、腰をかがめたり、ひねるような動作によって起こることが多くあります。
意外なことに重い物を持つ時より軽い物を拾うような時に発症するようです。
ギックリ腰が起こる原因は、椎体と椎体の間にあるクッション材(椎間板)が何かのきっかけで傷ついたり椎体と椎体をつなぐ関節に障害が起きることなどが考えられます。
これからの季節の変わり目、日中はまだまだ暑い日が続きますが朝晩は冷えて一日の気温差が刺激となって筋肉や靱帯が硬くなり態勢を変えた際『ギクッ』と。
特に身体の硬い起床時や朝の洗顔時などは要注意です。
日頃の体操と身体の保温を心掛けてください。
旭接骨院では身体のメンテナンスなどトータルケアをご提案しております。
お気軽にご相談ください。

前の記事

トリックアート

次の記事

no-title