全ては自分の捉え方次第

2014年8月10日(日)
さくら介護の鈴木勇樹です。
昨日から、本日までお休みを頂き、山梨県の北杜市白州町へ
家族でキャンプへ来ました。
キャンプといっても、ビギナーの私は、テントを張って、、、
と言う、本格的な感じではなく、バンガローを借りて、お手軽に
といった、かたちのものになります。
白州と言えば、名水100選にも選ばれる、水の綺麗なところ。
さぞ、川遊びなんかも、素敵に違いないと期待して現地到着。
が、8/9、8/10と台風11号の影響で、9日は、午前曇り、午後は雨。
10日に関しては、大雨洪水警報が発令される程のどしゃ降り。
アウトドアに来たのに、ほとんどインドア(笑)
せっかく、遠出したのに、、、なんて考えていたら、
息子が本当に楽しそうに、来て良かったね、とポツリ。
何事でもそうですが、物事の捉え方は、
自分次第だ、と改めて気付かされました。
◯◯だから、出来ない。◯◯だから、ダメなのではなく、
◯◯だけど、□□は出来た。◯◯だけど、□□がおかげでやれた。
どちらの方向から物事を捉えるかで、180度印象は変わります。
自分の努力では、変えられない状況のなかで、
その状況をどう捉えるか、◯◯という状況の中で、
自分には何が出来るか?を考えて、前向きに取組んでいきたい
と、改めて思いました。貴重なお休みをありがとうございました。

次の記事

盆帰り