台風11号接近中

2014年8月9日(土)
さくら介護の伊藤です(^-^)/
大型で強い勢力の台風11号が近づいています。
浜松市に最も接近するのは10日(日)の午前中の見込みで、
9日(土)の夜遅くには激しい雨となり、
短時間の強い雨や突風などの恐れもあるそうです。
河川の近くにお住まいの方は
充分な注意と避難などの早めの対処が必要ですね。
台風に限らず、最近はゲリラ豪雨などにみまわれることが多いです。
雷も先日、まさに青天の霹靂と思わせる
痛ましい事故がありましたね。
まさか野球グランドのマウンドで
高校生ピッチャーが雷に打たれるなんて誰が想像できたでしょうか。
自然災害の危険の予測の難しさを考えさせられました。
昔から、雷様は落ちては人のヘソを取ると伝えられ、
日本の子供は夏にお腹を出していると、
「カミナリ様がヘソを取りにくるよ」と、
周りの大人から脅かされたものです。
幼い頃ゴロゴロと雷の音がすると、
私も思わずおへそを隠したものです。(^-^)/
寒冷前線による雷雨の場合は、
前線通過後に気温が急激に下がる事が多いので、
子供がお腹を出していると
腹痛や下痢などを起こしやすくなることから
それを戒めるために
こうした伝承が生じたと言われています。
台風11号、皆さんお気をつけくださいね(^-^)/