こむら返り

2014年7月27日(月)
伊藤です。
最近、接骨院では朝方足がつるという患者さんの声をよく聞きます。
こむら返りとは、私たち人の体には筋肉や腱がどれくらい収縮するか弛緩するか決められていますがこの仕組みの中でおこる異常収縮です。
こむら返りの原因として
①スポーツなどで多量の汗をかいたときは血液中の電解質(ナトリウムやカリウムなど)のバランスがくずれた場合。
②立ち仕事の後や久しぶりに運動した後など足の筋肉が緊張した状態が長時間持続し筋肉や腱のセンサーがうまく作動しない場合。
③当院で一番多いのが朝方の冷え。
朝方4時~5時頃は気温が一番低くなる時間。
この時間帯の発生が多いようです。
夜休む時は気温も高くクーラーを着けたり布団を掛けずに寝たりして朝方の冷えが刺激になって起こる場合。
特に一般的な一過性のこむら返りの予防法として
日頃の軽いふくらはぎのストレッチや塩分や水分の補給、就寝の際に脚を冷やさないよう布団を掛けるなど。
お気を付けください。

次の記事

旭接骨院