認知症800万人時代

2014年7月20日(日)
NHKスペシャル 認知症800万人時代「認知症をくい止めろ
~世界の最前線~」という番組がありました。
厚生労働省の調べでは、認知症の人予備軍を含めて
65歳以上の4人に1人‥‥800万人と厚生省のデータがありました。
番組の中では、ユマニチュードというフランス発祥の
認知症の人に接するためのケア、手法の紹介があったり、
浜松医科大学鈴木みずえ教授が取り組む
触るケアにより、行動心理症状が減少する様子があったり、
イギリスのある取り組み、脳卒中と心臓病の対策で、
生活習慣病のリスクを減らすことにより、
75歳以上の高齢者の認知症発有率が、
生活習慣病対策を社会全体で取り組むことで、
23%も減少させることに成功した事例などが紹介されていました。
ロータスライフで月に2回開催している、脳トレ体操教室でも、
認知症予防は、脳のトレーニングだけにとどまらず、
生活習慣病のリスクの減少を掲げてきました。
脳の健康は身体の健康と密接に関わり、
もっと言うと、心の健康にも大きな関わりがあります。
これまで取り組んできたことが、最新の研究とリンクすることに
自信と誇りを持ち、これからも、地域の皆様が
認知症にかかりにくい脳と健康維持が測れるよう、
活動を継続していきたいと思います。
番組の内容は「NHK健康ホームページ」で詳細を確認出来ます。
関心のある方は是非、覗いて見て下さい。

 
 

前の記事

健康寿命