2014年5月5日

『子供の日』
「柱のキズはおととしの五月五日の背比べ」
昔はどの家も子供の成長を知ろうと柱や壁に印を付けたものです。
懐かしいなぁ。
先日、患者様から心のこもった手作りの柏餅をいただきました。
端午の節句に欠かせないアイテムですね。
柏の葉は冬になっても落葉せず新芽が吹くと落葉するので後継ぎができるまで親葉が落ちないことから縁起が良いとされ、餅も神事には欠かせないもの。
柏の葉で餅を巻いてお供えをするようになったらしい。
今日は日本中で子供の幸せと成長を祝っています。
平和な日本が永遠に続くことを心から祈っています。
院長の伊藤です。